あそしりつ いちのみやしょうがっこう

学校紹介

本校の経営

統合小学校としての開校の年にあたり、地域・保護者の負託に応えるべく、学校教育に対する重 大な責務をしっかりと自覚し、謙虚にかつ熱意を持って教育実践に取り組む。児童一人一人のよさ や可能性を見いだし、一人一人が大切にされ、力を身に付け伸ばしていける学校を目指していく。

特に、児童に「生きる力」を育むべく「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」のバランスの とれた発達を促していく。基礎的・基本的な知識・技能の習得とともに、それらを活用して課題を 解決するために必要な思考力・判断力・表現力や自ら学ぶ意欲を高めていくための具体的実践が更 に望まれる。今後とも、熊本型授業をベースに言語活動を位置付けた授業実践を日常化した学力の 向上に努めていく必要がある。

一の宮小学校としてのスタートに当たり、本年度は「夢」と「創造」をキーワードに、これまで の各小学校の伝統を礎にして、本校の新しい教育活動を子どもたちとともに、「夢」を持って「創 造」していく。

校訓

英知

勇気

協働

スクールカラー紫

学校教育目標

人権尊重の精神のもと、豊かな心と確かな学力を身に付け主体的に、考え・判断し・ 行動する希望にあふれる一の宮小児童の育成
「仲間とともに、自ら学ぶ、たくましい一の宮っ子の育成」

「豊かな心」と「確かな学力」の育成を基盤して、生きる力を児童に育んでいくことを念頭に、 児童が主体的に行動できる力を身に付けさせたいと学校教育目標を設定した。また以下のことを大 切にしたい。

○学校は、児童が生活し、日々成長するところである。

全ての児童が楽しく笑顔で学校生活を送るために、その基盤としての児童達の好ましい人間関 係と教師との信頼関係とを確立し、温かく、安心して自分の力を発揮できる場所でなくてはなら ない。教育活動の推進にあたっては、常に児童を中心に考えていきたい。

○学校は、児童が学び、その可能性を広げるところである。

「やる気のある子どもはやる気のある教師のもとで育つ」ことを肝に銘じ、児童の成長を促し、 期待する学校でありたい。教育の営みは児童と教師の人格的なふれあいこそがその根本である。そ のためには、以下の点から自己研鑽に努めていくことが大切である。

■児童とともにある教師 ■授業の充実を図る教師 ■感性を磨く教師
■課題を明確にしようとする教師 ■研究と修養に務める教師

学校経営の方針

  1. 阿蘇市民の負託に応えるべく、学校運営協議会設置と防災教育の拠点校を視野に、地域の中の学校として取組みを推進するとともに、地域の自然・伝統・文化・歴史を大切にした「一の宮小 ならでは」の教育をめざす。
  2. 公教育者としての使命と責任を自覚し、学校組織として動くことを基本に、全職員の総力を結集して教育課題を解決し、保護者や地域に信頼される学校づくりを推進する。〈「チーム一の宮 小」での実践〉特に、開校初年度なので、新しいルールを適応していくことが多いと考える。学 校としてのあり方が問われる。共通理解のもとで進めていく。
  3. 児童一人一人の心身の状況や実態を的確に把握し、深い教育的愛情を持って、「認め、ほめ、 励まし、伸ばす」教育の実現をめざす。
  4. 「子どもあっての教職員」「地域あっての学校」であることを忘れず、常に謙虚さと緊張感を 持って、学校教育目標の具現化をめざす。
  5. 小中連携を活用した教育活動の充実を図り、「確かな学力の向上」「豊かな心や社会性」を育む教育の充実をめざす。
  6. 児童に自信と誇りを持たせる教育活動を展開し、「落ち着きの中に活気ある一の宮小教育」を目指し、「一の宮で学べてよかった」と感じられる教育の実現を図る。

めざす学校像、児童像、教職員像

◇めざす学校像(こんな学校に)

ともに「響きあい」ながら

  • ■一人一人が大切にされ、確かな学力を培う学校
  • ■豊かな心が育ち、児童が主体的に活動する学校
  • ■家庭・地域社会に信頼され、地域に開かれた学校

◇めざす児童像(こんな児童に)

  • ■英知:自ら考え、自ら学ぶ児童(かしこく)
  • ■勇気:礼儀正しく、たくましく何事も最後までやり抜く児童(志し高く)
  • ■協働:仲間とともに協力し、自他への思いやりを持つ児童(なかよく)

◆日常的実践のキーワード
あいさつ、そうじ、返事のできる子どもに

◇めざす教職員像(こんな教職員に)

  • ■教育的愛情に溢れ、使命感に燃える教職員
  • ■絶えず自己研鑽に努め、職務に徹する教職員
  • ■人権感覚を身に付け、人間尊重、和を大切にする心豊かな教職員
  • ■保護者や地域の要請に応え、信頼される教職員

職員訓「職場は明るく、職務は楽しく」

  • 給食だより