阿蘇市立阿蘇西小学校

四角行事予定 四角周辺地図
ホーム > 学校長あいさつ

学校長あいさつ

 阿蘇西小学校は、雄大な阿蘇のカルデラの中、北外輪山の麓にあり、季節とともにその色を変える雄大な阿蘇の山々を校舎から望むことができる自然環境に恵まれた学校です。
 校区内には、阿蘇の神話で有名な的石や阿蘇神社ゆかりの吉松神社・産神社、参勤交代の道や的石御茶屋跡などがあり、神話や伝説、歴史遺産が地域の人々によって守り伝えられています。

 本校は、昭和45年に永水小学校と尾ヶ石西部小学校が統合して開校し、平成27年度末には尾ヶ石東部小学校と先行統合しました。
 統合して新学期が始まって間もない平成28年4月16日、未明に起きた熊本地震により本校校区は大きな被害を受けました。
家屋の損壊も多数で多くの方が学校の体育館や地区の公民館で避難生活を余儀なくされました。
また、道路や橋梁の被害も甚大で、未だ通行できない道路や橋もあり、その後の修復工事に伴う通行止め等が現在も続いている状況です。
 この地震により本校校舎も大きな被害を受けたため、5月9日より閉校した尾ヶ石東部小学校を仮の校舎として学校を再開しました。その後の継続した余震の影響で3階建て本校舎も建て替えが必要と判断され、新校舎が完成する平成31年3月までの約3年間、仮校舎での教育活動が続きました。
 
 3年前の熊本地震以降、全国各地の方々より、たくさんの温かいご支援をいただきました。
いただいた温かい言葉や激励の言葉が子どもたちの心に届き、それが子どもたちにとっても大きな力となっております。
支援いただいた多くの方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 本年度は、地域の皆様をはじめ、関係の皆様のご尽力により、木の香りが漂うすばらしい新築の校舎のもと、135名の子供たちの笑顔が溢れています。
「思いやりいっぱい 夢いっぱい 笑顔輝く 阿蘇西っ子」の育成に向け、全職員一丸となって子供たちのために力を尽くしたいと思います。
また、3年目を迎えるコミュニティ・スクールの活性化を図りながら、保護者や地域の皆様の力をいただき、郷土を愛し、大切にする子どもたちを育てていきたいと考えております。