記事一覧

たまご *12月2日*

ファイル 706-1.jpg

〇ぷちまる麦ごはん
〇牛乳
〇呉汁
〇たまごの土佐煮
〇五色和え

たまごにはからだを作るたんぱく質がたくさん入っていてたんぱく質の王様と言われます。白身にはたんぱく質、黄身にはたんぱく質のほかビタミンや脂肪が入っているので両方いっしょに食べてはじめて100点満点になるのです。また、たまごの中には茶色の殻をしたたまごもありますが、中の栄養は白いたまごと変わりません。きょうはゆでたまごを砂糖としょうゆで煮てかつお節をまぶしました。

味の旅「佐賀県」 *11月29日*

ファイル 705-1.jpg

〇ぷちまる麦ごはん
〇牛乳
〇だぶ
〇菜焼き
〇かけ和え

 今日は味の旅「佐賀県」です。だぶは、唐津市のお祝いや憂いの時に集落の人がみんなで作った料理です。また、かけ和えは酢みそ和えのことで、季節によって「いか」を「魚」にしたり、大根をきゅうりにするなど材料が変わるそうです。

タンドリーチキン *11月28日*

ファイル 704-1.jpg

〇コッペパン
〇牛乳
〇枝豆ポタージュ
〇タンドリーチキン
〇セゾンサラダ

 タンドリーチキンはインド料理の一つで、ヨーグルトと香辛料に漬け込んだ鶏肉を、タンドールと呼ばれるつぼ型のかまどで焼いたものを言います。今日のタンドリーチキンも、給食センターで朝から漬け込んで焼きました。

さといも *11月27日*

ファイル 703-1.jpg

〇麦ごはん
〇牛乳
〇里芋のそぼろ煮
〇ほうれん草の土佐和え
〇ムース

 これから冬に向かっておいしくなる里芋。里芋は表面が少しヌルヌルしていますよね?これは、ガラクタンやムチンという食物繊維が含まれているからで、胃の粘膜を守ったり腸の働きを活発にし、血糖値やコレステロールの上昇を抑える働きがあると言われています。

さんがとゆず *11月26日*

ファイル 702-1.jpg

〇ぷちまる麦ごはん
〇牛乳
〇もやしのみそ汁
〇あじ入りさんが
〇ゆずなます

 「さんが」という料理は、千葉県の郷土料理で新鮮な魚にみそなどを入れ、野菜と一緒に粘りが出るまで根気よく叩いた郷土料理「なめろう」を、じっくりと焼き上げて作ります。そしてこれからが旬のゆず。特にゆずの皮には、ゆずの果汁の約4倍のビタミンCが含まれています。