記事一覧

タイピーエン *11月25日*

ファイル 701-1.jpg

〇ミルクパン
〇牛乳
〇タイピーエン
〇春巻き
〇フルーツミックス

 タイピーエンは、中国福建省の郷土料理を日本の食材に置き換えてアレンジされたもので、長崎で生まれ、熊本で育まれてきた麺料理です。春雨とたっぷりの野菜を使うのがタイピーエンの特徴で、栄養満点なうえに低カロリーです。

利休汁 *11月22日*

ファイル 700-1.jpg

〇吹き寄せごはん
〇牛乳
〇利休汁
〇信田煮
〇即席漬け

 みなさんは、利休汁がどんな料理か知っていますか?利休汁は練りごまの入ったちょっと濃厚なみそ汁で、戦国時代に活躍した千利休が大のごま好きで食事によくごまを加えていたからこの名前がつけられたとも言われています。ごまの香ばしい風味を感じながら食べて下さいね。

りんご *11月21日*

ファイル 699-1.jpg

〇食パン
〇牛乳
〇ミートボールと野菜のケチャップ煮
〇コールスローサラダ

 「1日1個のりんごは医者いらず」。この言葉はイギリスで生まれたことわざであるとされていますが、それほどりんごには健康をサポートする栄養が豊富に含まれています。特にりんごの皮には血管や腸に良い働きをする成分が多く入っているので、皮が付いたまま食べるのがおススメです。今日のりんごは、長野県のりんご農家の方から届けていただきました。

ごはん *11月20日*

ファイル 698-1.jpg

〇ぷちまる麦ごはん
〇牛乳
〇コーンと卵のスープ
〇魚の甘辛ごま揚げ
〇切干大根の酢の物

 今日は、給食によく出てくるごはんについてのお話です。給食に出てくる白いお米はもともと玄米からできています。玄米には、ビタミンやミネラル、食物繊維などがたくさん含まれているのですが、白いお米にすることによってそれらの栄養素がなくなってしまいます。給食でも玄米を出したいところですが、ボソボソして食べづらいので給食ではそれらの栄養を補ってくれる麦を入れて麦ごはんにしています。

ふるさとくまさんデー「菊池」 *11月19日*

ファイル 697-1.jpg

〇ぷちまる麦ごはん
〇牛乳
〇豚キムチちゃんこ
〇ごぼうとナッツのサラダ
〇大学芋

 今日は、ふるさとくまさんデー「菊池地域」です。菊池水田ごぼうは、独特の風味と香り、繊維質のきめ細かさは他になく、栄養素の高い健康食品です。また、菊陽町、大津町などではさつまいもが特産品です。さつまいもは食物繊維が豊富で、ビタミンA、C、Eの宝庫です。しかも、加熱しても6割のビタミンが壊れずに残るというスグレモノです。